Jフード・ダイアリーズ

疲れたらカレーを飲め、と或る人が云った

LeTAOのドゥーブルフロマージュ

f:id:kaigodays:20211024154656j:image

 

ちょっと前にショコラドゥーブルの記事を上げましたが、今回はよりポピュラーなほうを食べました!

 

f:id:kaigodays:20211024155026j:image

まずいわけがありません!

なんて言えばいいのか、メインのチーズ層がすこぶる柔らかく、口の中で溶けていきます!いやあ、値段はよく知りませんが、お土産にもってこいのケーキです。普遍的な美味さ、と言いますか、これを拒絶できる人は、偏屈野郎か、チーズケーキ嫌いしかいないでしょう。

 

f:id:kaigodays:20211024155600j:image

f:id:kaigodays:20211024155624j:image

 

 

 

真夜中のミレービスケット にんにく味

f:id:kaigodays:20211020211724j:image

コロナ禍で、マスク着用が普通になったことにより、にんにくを食べる人が増えたとTVで言っていました。

本当でしょうか?

うちではまず、家人の好みでにんにくを使った料理が出てこないため(餃子にも入れない)、にんにく料理を口にするとしたら、外食で、多くは酒の席で…ということになります。

しかしコロナで宴会はなくなり(それはそれでありがたいことなんですが)、自分の場合、にんにくを食べる機会は激減しました。

タバコと違い、にんにくには禁断症状がなくて良かったです。同僚がたまたまくれた、にんにく味のお菓子を食べても、にんにくパワーが充填された感じはしませんでしたが、口に入れた瞬間に広がる、軽やかでいて芯のある風味には、確かににんにくの癖が刻まれていました。

 


f:id:kaigodays:20211020211643j:image

f:id:kaigodays:20211020211646j:image

f:id:kaigodays:20211020211756j:image

 

そーいえば…

 

松坂投手、引退しましたね。会見は感慨深く、最後の登板は衝撃的でした。普段野球を見ないし、詳しくもないので、まさかあの怪物が速球を投げられなくなっているとは思いもしませんでした。お疲れ様でした。野球を嫌いになる前にやめられた、そうなので、今後も野球に関わっていかれるのかもしれません。横浜高校の松坂、西武の松坂、レッドソックスの松坂。子供たちにたくさんの夢を与えたことは、間違いないでしょう。