Jフード・ダイアリーズ

疲れたらカレーを飲め、と或る人が云った

本の紹介 / 秋山駿『信長』新潮文庫

信長 (新潮文庫)

信長 (新潮文庫)


信長愛にあふれた一冊。信長に関して書かれた本の中でも、信長礼賛の度合いはかなり高い。信長ファンにはおすすめできる。小説ではないが、決して難解ではない。だがアンチの方には噴飯ものである。信長は酷いこともした。そういう人物だから、英雄になり得たのかもしれないが、嫌いな人にとっては許せない所業だろう。来年の大河『麒麟がくる』の主人公は光秀だ。新しい信長像を提示することは難しいかもしれないが、本書のように、魅力的に生き生きと描いてもらえたらと願う。