Jフード・ダイアリーズ

疲れたらカレーを飲め、と或る人が云った

群馬のラーメン

ちょっと前、日テレの『カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW』をなんとなく見ていたら、群馬のラーメンが取り上げられていました。


最近ではラーメンもずいぶん進化して、取っつきにくくなりましたが、群馬のラーメンは庶民的で、懐かしい感じで、よかったです。


群馬ラーメンは、いくつかの系統に分けられるようです(間違いがあったらごめんなさい)


①細麺を使った、とんこつラーメン系。

九州のとんこつラーメンより、スープは濃い。豚の頭蓋骨でダシをとる。細麺にどろっとしたスープがよく絡む!!飯テロだ、飯テロ!


②食堂のラーメン系。

カレーライスや定食を出すお店で提供される、昔ながらの中華そば。びっくりしたのは、手打ちのラーメンを提供している食堂があったこと。是非食べてみたい。


焼肉屋さんのラーメン系。

群馬のある地域では、焼肉屋さんでラーメン食べることがごく普通のことらしい。肉を食べ、白米の代わりにラーメンをすする。冷麺ではなく、ラーメン。焼肉店では肉オンリーで攻める人もいれば、色々なものを楽しむ人もいるが、ラーメンを食べるのは珍しい。


④唐揚げラーメン系。

ラーメンに唐揚げを載せたシンプルな一品。かりかりの衣が、スープに浸かっているうちにヒタヒタになるのが、たまらないようです。これは子供のころ、地方で食べたかも。


f:id:kaigodays:20191126090153j:plain
※画像はイメージです



特に気になったのは、手打ちラーメン。

群馬に行ったら食べてみたい!!