Jフード・ダイアリーズ

疲れたらカレーを飲め、と或る人が云った

光が射して、そして

犬猫・魚を飼っている人は多い。

YouTubeでも、ペットの動画はたくさんある。


それぞれのペットには、適正な飼育方法がある。

そこから外れた飼い方をしていたら、当たり前のように非難される。虐待なんて、もってのほかだ。


動物愛好家は星の数ほどいる。当然、飼育方法に詳しい人も多い。動物を家族同然だと公言する人も珍しくはない。家族を大切にするのは、当然のこと。気持ちはよくわかる。


TVにしろ、動画にしろ、動物の飼育風景を流すということは、世の愛好家の厳しい目にさらすということである。


某TV番組のコーナーで、たくさんの動物(馬・山羊・犬・兎など)を飼っている一家が登場する。

人気コーナーだ。


以前、一家が飼っていた馬の、天に召される模様が放映された。覚えている方もいるかもしれない。


f:id:kaigodays:20191208173500j:plain


その後、一家は馬の亡骸を処理した(放送はされていない)。置いておくわけにはいかないから、当然のことだが、その際の扱いについて何かと問題があったらしく、週刊誌に取り上げられている。それが嘘であれ真であれ、ちょっと悲しい。


有名になると、大変だ。


多頭飼育、悪徳ブリーダー、虐待など、ペットに関しての闇はかなり深い。一家がそういった闇に取り込まれていることは、おそらくないだろうが、人気が出れば出るほど、厳しい目が向けられるようになることだけは間違いない。



“光が強ければ強いほど、影は濃くなる”



十二国記』シリーズのどこかにそんなことが書いてあった…気がする。新刊は長そうだ(笑)