Jフード・ダイアリーズ

疲れたらカレーを飲め、と或る人が云った

ショウガアンチャヤ

「ショウガアンチャヤね?」

高齢者施設(認知症専門棟)の利用者・マチコさんがいきなり言う。


TVを指差して。


「ショウガアンチャヤでしょう」


TVでは、ワイドショーの司会者が話している。

桜を見る会”の話題だ。


「ショウガアンチャヤ。田舎ではそう言うんです」


マチコさんはよく、独自の言葉を作り出す。今のマチコさんにとって、あれは“ショウガアンチャヤ”なのだ。

30分後には、ショウガアンチャヤのことは忘れている。意識は絶えず流転し、何かにひっかかったときだけ反応する。ショウガアンチャヤ…


f:id:kaigodays:20191209215526j:plain


斜向かいで新聞を読んでいた女性利用者・カツさんが顔を上げて、言った。


「わたしらぐらいの歳の人はシッカリ働いたから、年金たくさんな人が多いのよ」


「厚生年金ですか」私は首をかしげた。


「旦那は厚生年金」とカツさん。「工場に入って、定年までずっとやったから」


「我々は年金、もらえないかも」


「若いとそうかもね。おたがいさま、おたがいさま」


ん? おたがいさま?

どういう意味だ?

少し考えてみたが、よくわからなかった。


「わたしらは運がよかったのよ」

「ぼくらは運が悪かったようです」


カツさんは楽しげに笑う。


「おたがいさま、おたがいさま」


おたがいさま、ではなく、ご愁傷さま、と言いたいのでは…


まぁ、いいや。


マチコさんに声をかけてみる。


「ショウガアンチャヤどうですか」


マチコさんは重々しく頷いた。


「田舎ではそう言うんです」


「ショウガアンチャヤ?」


「ショウガ、アンチャヤ!!」


お怒りになられたようなので、謝った。


マチコさんは口をモグモグさせた。大好きなTVに顔を向けた。私のことなど、眼中にないのだ。