Jフード・ダイアリーズ

疲れたらカレーを飲め、と或る人が云った

冬至のM-1グランプリ2019雑感(ミルクボーイがすごかった)

ハッキリ言って、冒頭で引き込まれる。


漫才師の真剣な表情、緊張感。


優勝すれば、スター(候補)


夢がある。視聴者も、夢を目の当たりにする。若ければ、おれも…となるかもしれない。


ともあれ、笑わせてもらえるだけで、儲けもんである。個人的には、敗者復活組からの和牛の巻き返しに期待していた。去年、絶対、優勝だと思ったのになー。お笑いは難しい。


今年はよく知らないコンビが多かったので、逆に楽しかった。予想外に楽しめた。


決勝の雑感

トップバッターは、ニューヨーク。れいせい~で大笑い。松本さんの批判にきれて爆笑。616点


二組目、かまいたち。初っぱなのUFJでもう笑った。よく考えられてるなー。松本さん、圧巻とのコメント。652点。


三組目、敗者復活組! 和牛キターーーー!!!
舞台の袖でアイコンタクトを交わす二人。コンビっていいなー。652点


四組目、すゑひろがりず。初見。狂言風の台詞回しが予想以上に楽しい。637点


五組目、からし蓮根。ボケの人、190センチ! 熊本出身。まだ若い。639点


六組目、見取り図。かなり笑った。あおり運転の申し子、激弱のバチェラー(笑)649点


七組目、ミルクボーイ。すごい。大爆笑必至。笑いすぎて涙出た。見れてよかった。点数はM-1史上最高得点となる、681点


八組目、オズワルド。ツッコミが冷静でじわじわくる。638点


九組目、インディアンス。ボケのキャラが強烈。動きが笑える。632点


十組目、ぺこぱ。松本さん曰く、のりつっこまないボケ。新風か。654点


f:id:kaigodays:20191223000954j:plain


上位三組(ミルクボーイ、かまいたち、ぺこぱ)が最終決戦へ。まさかの和牛脱落だが、駒を進めた三組は本当におもろかった!























おめでとう、ミルクボーイ!!