Jフード・ダイアリーズ

疲れたらカレーを飲め、と或る人が云った

読書記録 : 吉田利宏『元法制局キャリアが教える 法律を読む技術・学ぶ技術』ダイヤモンド社

元法制局キャリアが教える 法律を読む技術・学ぶ技術[改訂第3版]

元法制局キャリアが教える 法律を読む技術・学ぶ技術[改訂第3版]



本書の狙い

法律を読み解くための「理解・習慣・センス」の速習

法律を学ぶ意義

リーガルマインドを身につけられる。リーガルマインドとは、物事における正義や公平のこと。

構成

1章から4章は知識編で、用語の読み方など最小限のルールを学ぶことができる。


5章6章は図解編。図式化して理解を深めることを目的としている。


7章から10章は法律編。憲法民法、刑法に触れつつ、読み解きのセンスを養う。

感想

おそらく法律の勉強をしている人には、当たり前のことが書いてあるのかもしれない。これから法律に取り組もうとしている人には適している。勉強に入る前の時期、助走段階で特に有効な本である。


自分としては、7章からが、より面白かった。7章以降は、各法の簡単な解説になっている。今後、法律を学ぶ予定はないが、憲法の大切さなどを改めて知ることができた。公民の授業を受けているような、そんな気分だった。途中途中の練習問題やコラムも楽しい。


本書で紹介されている「総務省法令データ提供システム」は家庭用六法として使えそうである。