Jフード・ダイアリーズ

疲れたらカレーを飲め、と或る人が云った

読書記録 : 安部龍太郎『信長になれなかった男たち 戦国武将外伝』幻冬舎新書

信長になれなかった男たち (戦国武将外伝)

信長になれなかった男たち (戦国武将外伝)


特徴

・『等伯』で直木賞を受賞した安部龍太郎さんによる歴史エッセー。

・信長と名のある戦国武将について、わかりやすく、さらっと述べている。


目次(抜粋)

第1章 規格外の変革者・信長

桶狭間の戦いは奇襲ではなかった

本能寺の変の真相

・信長以前の信長・三好長慶


など。



第2章 天下泰平は、夢のまた夢

・豊臣政権の要、豊臣秀長

・南部家内の争い

・利休切腹の真相と石田三成


など。



第3章 敗れ去った英雄たち

・剣豪の将軍、足利義輝の最期

武田信玄が挑んだ北進の夢

・強国のはざまに生きた蒲池鎮並

蒲生氏郷、二つの謎

・宇久盛定と王直


など。


感想

本能寺の変の真相では、公家側の陰謀に触れている。筆者は光秀の裏に朝廷の存在があったと見ているようだが、本書は深く論じる性格のものではないので、細かいところまではわからない。

自分としては、万人が納得するような、陰謀を裏づける史料が出てこない限り、怨恨説のほうがしっくりくる。

本能寺の変の直前まで、光秀は信長に面子を散々潰された。また、いくら功績があろうと、役立たずと信長が思ったら、重臣であっても容赦なく放逐する。パワハラの恐怖とリストラの不安。昔からよく言われている説だが、やっぱり捨てがたい。物語として見たいのは陰謀説だが。

戦乱の世を正すために魔王信長を誅したとか、歯の浮くような説はあんまり好きになれない。


・信玄の北進と川中島での戦についての言及には考えさせられるものがあった。流通のネットワークを構築するために日本海を目指したとする発想は実に興味深い。富を押さえた者が、戦を制す。信長がまさにそれである。


足利義輝と弟の義昭。両者とも戦国の荒波に抗いきれず、呑みこまれた将軍だが、生きざまがあまりにも違っていて、感慨深い。義輝は戦いに戦い抜いて落命、義昭は信長の敵に回るも生き長らえ、最終的には太閤秀吉の御伽衆(話相手)になった。案外、憎めない人だったのかもしれない。


・本書には、戦国の英雄がたくさん登場する。大河ドラマと比較しながら読むのも、面白そうだ。