Jフード・ダイアリーズ

疲れたらカレーを飲め、と或る人が云った

blog 10

隣の芝生


日々のニュースを見ていて、さすがにわかってきました。我が国のPCRを巡る状況。世界の国々と違って、我が国はやろうと思ってもできない。情けない。残念だ。隣の超大国など、1000万件以上の検査を10日で行うと言っていた。こうまで力の差を見せつけられるとは。東京では抗体検査を導入、月三千件行う予定。今はこれが限界か。



検査数を増やせないなら、やみくもにやっても仕方ないので、絞るしかない。その場合、医師が必要と判断した人のみならず、院内感染を防ぐために医療従事者も検査対象にすべきだ。


https://www.covid19-yamanaka.com/sp/cont3/17.html


隣国はすごいな。もはや誰にも止めることはできまい。戦争と非難されない方法で侵略していく。






自粛の効用?


要因は会社や学校に行くことが減り、悩む必要がなくなったからと説明されている。


もしそうだとしたら、これまでの社会活動は…


シンプルな考察に飛びついてそう悲観しても仕方ないし、これを機会に社会構造が激変するとも思えないが、仮によりよい生き方に気づいた人がいるならば、それはそれで今回の自粛の明るい面と言える。



逆に増えていたら、自粛のせいにされていたかも…



甲子園


過度な自粛をする段階ではないと思うが、今の日本だと、何かあったときはとんでもない非難にさらされることになる。開催するなら、腹を括らねばならない。“何か”は起こるかもしれないし、起こらないかもしれない。治るようになるまでは、クラスター発生にびくびくしながら生きないといけない。それが新たな生活様式だ。

オリンピックも例外ではない。



いや、でも今、この今がピークアウトって奴なら、もしそうなら、万々歳です(笑)


日本勝利か?