Jフード・ダイアリーズ

疲れたらカレーを飲め、と或る人が云った

検査

 

「えー、しーおー…や、コロナ、コロナね。県から検査…唾液検査のお触れがきまして。各セクションで希望者…希望者と言ってもね、症状もなんもないのに希望してもねえ。そもそも異常あったら受診されてるでしょうし。偽陽性、あるからねえ。偽陽性で一ヶ月欠勤とかねえ。まー、えー、私は受けませんけどね。たぶん希望する人は…いるのかなあ。いないよねえ。…偽陽性って、しかしw」

 

んなこと言いそうな上司もいましたが…

 

現上司はむしろ検査推奨派で、

 

「何人か陽性者が出るかもしれんが、利用者様のためにも、どんどん受けたほうがいい!」

 

けっこう熱い人で。ま、福祉の世界は理想を追いかけることが結局、利用者様の利益につながるようなところがあるので。

 

というわけで、私、生まれて初めてPCR検査を受けることになりました!

 

いつかはよくわからないのですが、ただ、こののんびりとした感じ、余裕、というものが、ぼくはけっこう気に入っています。

 

 

願わくは、陰性にならんことを!