Jフード・ダイアリーズ

疲れたらカレーを飲め、と或る人が云った

初PCR検査

今やPCR検査も珍しくはないのでしょうが、初体験ということで。定期的に『初体験リッチモンド・ハイ』が観たくなるのはおそらく、ぼくだけでしょう。多感な時期に観た映画は忘れられないのかもしれません。ところでPCR

 

 

f:id:kaigodays:20210224153446j:image

 

 

唾液タイプだったので、とても楽でした。

 

業務前のゴタゴタの中だったので、中身は撮れませんでした。

 

出勤するとすぐさま職場の鬼ナースに呼ばれ、検査キットを渡されました。

 

「詳しいことは中に書いてあるから!とにかく容器に唾入れて持ってきて!あー忙し!あ、それからあとでパソコンに検査済って入力!」

 

筒状の小さいプラ容器に唾液を1mlから2ml入れないといけないんですが、いざとなると唾は出ないもので、無理矢理ぺっぺして溜めました。

 

そこへ、検査キットに入っていた保存液を投入し、同じくキットにあった管理用バーコードのシールをプラ容器に貼って、鬼に渡せば、終わりです。

 

あとで説明書みたいのを見たら、唾液はなるべく泡立てないようにとか注意書きがありましたが、時すでに遅し。

 

よくわからないうちに慌ただしく検査は終わりました。みんな、陰性でありますように!