Jフード・ダイアリーズ

疲れたらカレーを飲め、と或る人が云った

簡単な感想/読書

半沢直樹 アルルカンと道化師

半沢直樹 アルルカンと道化師


今や知る者のいない国民的銀行員・半沢直樹。彼の大阪時代の物語です。そう、あの浅野支店長の下にいた頃です。


メガバンクのエゴ、資金繰りに喘ぐ中小企業の狭間で、半沢直樹は降りかかる火の粉を払いながら、正しい結末を導き出します。後半、扉がパタパタ閉められていくような爽快感は、まさにエンターテイメント。


あってはならない行為に友情の要素を加えることで、物語に奥行き、深みが増しています。

 

 

気軽に読めて、いいです。