グラフィティ

疲れたら水を飲め、と或る人が云った

検査とワクチンと

 

 

記事の概要は、高齢者施設が、国の要請する職員へのPCR検査を避ける傾向にあるというものです。理由は陽性者が出ると、運営に支障が出るため。なるほど、確かに陽性者が出ると、職員のシフトや入退所のスケジュールは変更を余儀なくされます。しかしそれを嫌って検査をしない施設があるとしたら、あまりに浅はかとしか言いようがありません。なぜなら、感染者が出たら広まるのが感染症ですし、とても隠せるものではないからです。

 

 

自分の勤務先でも二度ほどコロナは発生しました。幸運にも、早期に発見することができ、クラスターは起こりませんでした。亡くなった方もいません。海外では、高齢者施設の方々が数多く犠牲となりました。職員もたくさん亡くなりました。我々はそれを知っています。

 

 

しかし、最近、流れが変わりつつあります。あくまで自分の勤務先の場合ですが、コロナへの恐れが以前より明らかに減りました。うちの施設は首相のお膝元・超大都会神奈川にありますし、もちろん定期的に検査はあります。ありますが、それは【強制ではない】のです。職員らがコロナを恐れないようになれば、自ずと検査数も減ります。加えて、我々はエッセンシャルワーカーという位置づけであり、ワクチンを接種しています。既にファイザーのワクチンを2回打っています。利用者さんも、もちろん接種されています。報道でワクチンの効果はよくわかっています。海外ではイベントが再開されるようになりました。今更検査かよ…という空気感です。

 

 

正直に言いますと、一時は【検査を受けない奴は人ではない】的な雰囲気でした。ほぼ強制でした。ある職員は、検査を忘れて帰宅したら、同期から電話で呼び戻されました。上司・先輩ではなく、同輩というところがまたいやらしいですが、あまり責めることはできません。未知の感染症への恐怖がそうさせたのです。それは仕方のないことだと思います。しかし恐れに打ち勝ちつつある今、検査を受ける人数は5割未満になりました。私はそれも、仕方のないことだと思うんです。

 

 

ただし、戦いはまだ終わっていません。PCR検査はまだ、必要です。熱発したら受けて、うつさないようにしなければなりません。ワクチンの副反応も、全て把握できているわけではありません。変異株の存在も不気味です。なぜか訪問介護の方々は接種されていないようです。

 

 

 

 

それでもやはり、以前より気は楽になっています。いい方向に進んでいると思います。この混乱が済んだら、温泉旅行でもしたいところです。洞窟の先には、光が射しています。