Jフード・ダイアリーズ

疲れたらカレーを飲め、と或る人が云った

いずれ勝つ

 

f:id:kaigodays:20210818080041j:image

※バートン・マルキールウォール街のランダム・ウォーカー』日本経済新聞出版より引用

 

読書をしていて、479ページまできたところで、インデックス投資家は『ここまで読めば十分』といきなり言われ、軽く吹きました。あと21ページでフィニッシュという地点です。ここまできたら最後まで読みますよね、普通!

 

という、ささやかなツッコミはここらでやめておいて、コロナの問題です。

 

どうも政府は感染者数が増えると、慌てふためくようです。で、増えてから、十分な対策をしていないことが露呈します。ずっと、そうです。その繰り返しです。この感染症の性質上、ある程度抑え込むまでは、増えたり減ったりするのが当たり前なのに…

人流とか、時短営業とか、呼びかけをすると同時に、軽症者向けの宿泊施設確保やら野戦病院設置やらといった、医療逼迫を防ぐための具体的な対策を取ることはできたはずです。

 

ワクチン供給の停滞があったことは残念でしたが、この先、ウイルスも生き残りをかけて変異してきますし、治療薬が登場するまでは、感染者数のアップダウンは続くと思われます。

 

感染者の方が急変して救急搬送されたものの受け入れ先が…というニュース、最近もけっこう目にしますが、それって初期の頃もやってましたよね?

 

色々と事情があるんでしょうが、何とかしないと、犠牲になる方が増えるばかりです。新たな株は感染力が強く、若い人でも重症化リスクがあると専門家は言います。それならば、対策もしないと。

 

人類はいずれコロナに勝つでしょうが、犠牲は少ないほうがいいに決まっています。

 

 

 

(本日も、禁煙成功!)